経絡ヨガ・筋膜リリースヨガ指導者養成講座はお申し込み受付中です!

4月に行われる、経絡ヨガ・筋膜リリースヨガ指導者養成講座のご案内です。

 

【経絡ヨガ】

東洋医学は、自然治癒力を引き出すことで、心身の不調を改善しようと考えます。「経絡」とは、体の中の気血(エネルギー)の通り道で、臓腑との繋がりを持つ経絡が12本あります。「経穴(ツボ)」とは、エネルギーが集まるポイントであり、経絡上の要所に存在します。昔から鍼灸治療では経穴に鍼やお灸をして、経絡の気血の流れを良くし、様々な効果を発揮してきました。

「経絡ヨガ」では、ヨガに経絡理論を取り入れ、ヨガのポーズをとりながら、経絡の気の流れを整え、心と身体を健康へと導きます。リラックスしながらゆっくりと心地よくポーズをキープし、関節の可動域を広げ、心身の柔軟性を高めます。体の柔軟性や年齢性別関係なく、どんな方にも向いているのが特徴です。

 

経絡ヨガ指導者養成講座についての詳細はこちらから

 

【筋膜リリースヨガ】

「筋膜」とは、筋肉や内臓などを包む薄い膜で、ボディースーツのように身体を覆っています。同じ姿勢でのデスクワークや体の使いすぎ、逆に体を動かさないと筋膜は癒着や歪みを起こしやすく、筋肉のコリや内臓の不調などを引き起こします。「筋膜リリース」とは筋膜の歪みや癒着をリリース(解放)することです。

「筋膜リリースヨガ指導者養成講座」では、座学と実技をバランス良く行います。筋膜のラインについて、ヨガのアーサナとともに身体を通して理解します。最後にはロールプレイングとして「筋膜リリースヨガ」のクラスを行います。

 

筋膜リリースヨガ指導者養成講座についての詳細はこちらから