インストラクター

Ai(あい)

Ai(あい)

– 全米ヨガアライアンス200時間(RYT200)修了
– RYT200講座担当講師
– IWCA認定ヨガインストラクター講師
– IWCA認定キッズヨガインストラクター講師
– IWCA認定シニアヨガインストラクター講師
– IWCA認定マタニティヨガインストラクター講師
– IWCA認定腸活ヨガインストラクター講師
– IWCA認定骨盤矯正ヨガインストラクター講師
– IWCA認定肩凝り改善ヨガインストラクター講師

私にとってヨガとは『良い』も『悪い』もなく、『ありのままを変えようとせずに受け入れる』ためのツールです。
変えられない過去や未だ見ぬ未来へ心をとどめることなく、常に『いま、ここ』に集中した毎日を過ごしたいと、日々ヨガを実践しています。
呼吸法(プラーナヤーマ)を行うことで心は安定し、身体の緊張がほどけていきます。自分自身や起きている出来事を変えようとせず、ありのままに受け入れるために毎日呼吸を整えます。
私は三児の母親でもありますが、子供と向き合う度に、ただここに在ることが幸せなのだと平穏の中で感じることができるのも、ヨガに出会ったおかげです。
三人の子供とヨガは私にとって最高のギフトです。ヨガの教えを生活に取り入れることで、子供たちとも真剣に向き合い、ぶつかりながらも心が平安を保てるのは調息のおかげです。
どう考え、どう行動するか、それが未来を作っています。今日の自分が明日の自分を描く、そう思い、心と身体の声に耳を傾けながら1日を大切に過ごしています。

養成講座においては、講座を受けて良かったと思っていただけるよう努めていきます。講座修了後は受講生が直ぐに実践できるインストラクターになれるよう、真摯に指導いたします。
資格取得後も受講生の方々のサポートをさせていただきます。ヨガの恩恵により、ヨガを取り入れた生活が健やかで充実した日々となりますよう、私が学んだ知識を惜しみなく丁寧に受講者の方々へお伝えします。

Kaoru(かおる)

Kaoru(かおる)

– 一般社団法人 国際ウェルネスケア協会 代表理事
– 全米ヨガアライアンス500時間(RYT500)修了
– RYT200講座担当講師(E-RYT200)
– YACEP保持
– IWCA認定ヨガインストラクター講師
– IWCA認定キッズヨガインストラクター講師
– IWCA認定シニアヨガインストラクター講師
– IWCA認定腸活ヨガインストラクター講師
– IWCA認定骨盤矯正ヨガインストラクター講師
– IWCA認定肩凝り改善ヨガインストラクター講師
– 英国アーユルヴェーダカレッジ日本校認定アーユルヴェーダ心理アドバイザー

何かを手に入れたいという気持ちや、失くしてしまうかもしれないという不安、このような想いから自分を解放させるためにヨガを実践し、呼吸を整えます。
ヨガとはマットの上でポーズをとるだけではなく、生活の中にも取り入れることができる魔法のような智慧だと感じています。
ヨガには『結びつける、つなぐ』という意味があります。心と身体を結びつけ、今この瞬間を生きていることに喜びを感じながら、感謝の気持ちを忘れることなくヨガを伝えます。
ヨガの言葉にサントーシャ(知足)という言葉があります。サントーシャとは足るを知るということ。私たちはそれぞれが、そのままで満ち足りていて充分な存在です。その喜びと共にヨガを伝えていきたいと思っています。
ポーズを練習する時間は動く瞑想の時間でもあります。他人と自分を比べず、昨日までの自分と今の自分を比べず、ヨガのクラスに参加される方が『今ここ』に集中できる、呼吸の深まるクラスができるよう心がけています。
ヨーガ・スートラ第一章二節にはこんな言葉があります。【YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.ヨガとは心の動きを静めること。】心の乱れのないヨガの時間を一人でも多くの方と共有していきたいと思っています。

また、指導者養成講座では、どの講座でも受講される一人一人の方が納得した上で学びを深めれるよう、努めています。
素晴らしい指導者が誕生するのが喜びです。そのために日々、ポーズを練習し、学び、知識を身につけています。そして私自身も学ばせていただく想いで講座を開催しています。
出会いは『ご縁』であり、『財産』でもあります。講座を受講して良かったと思っていただけるよう、心を込めて講師を担当させていただいています。

/