サントーシャ【知足】とは

こんにちは。

哲学のお話です。
ヨガの経典『ヨガスートラ』にはニヤマ(歓戒、すべき事)の一つとして「サントーシャ」という教えがあります。「サントーシャ」とは、日本語で「知足」「足るを知る」と表現されます。

サントーシャとは今自分が持っているものに気づき、満足することを心得ることです。
言葉では理解しているつもりでも、人は、他人をうらやんだり嫉妬したりしてしまいがちです。
今、当たり前にできている何気無いことは、すでに満たされているのです。
欲や執着を求めていると、常に追い求めようとして本当の自分を見失ってしまいます。

サントーシャを実践すると「充実感」を感じることができます。
すでにあなたは満たせれていて、今が幸せであることに気付くことができます。

今の自分に感謝しながら過ごしましょう。

shanti.

めぐりヨガより


ご案内

めぐりヨガでは「サントーシャ」をはじめ、ヤマ(禁戒、やってはいけない事)、二ヤマ(歓戒、すべき事)の解説やワークなど、ヨガ哲学の基礎からじっくり学べるRYT200講座を開催いたします。
ご興味のある方は以下リンクよりご覧ください。

【オンライン】RYT200ヨガインストラクター指導者養成講座

無料説明会のご参加やお電話、お問い合わせフォームからのご質問もお待ちしております。

無料説明会の日程、お申し込み

お問い合わせフォーム

→ お電話 090-6424-0293